のほほんannals

nohoanna.exblog.jp ブログトップ

《京都》鷲峰山 高台寺

鷲峰山は「じゅぶざん」と呼ぶそうです。難しい・・・。
高台寺と言えば、言わずと知れた豊臣秀吉とねねの寺で有名ですね。
名前だけはよく聞いたお寺だったけど、今回が初来訪。境内をぐるっと回ってみました。

<山門>
a0135367_16314029.jpg
お寺からちょこっと離れてて、ねねの道を挟んで、道の南の端っこにあります。
昔はここがお寺の入り口だったのですね。
今では、山門だけぽつんと離れて建っているので、はじめ高台寺の山門だとは思いませんでした。
桃山時代に建立されたそうで、国の重要文化財に指定されているそうです。



山門を通り過ぎ、ねねの道を北に上っていくと、現在の高台寺入り口が見えてきます。

<台所坂>
a0135367_1632350.jpg
入り口から境内へと続く階段です。

a0135367_16321825.jpg
台所坂の途中。この時は元気があったので、もりもりと階段を上へ。
脇の水路にはサラサラと水が流れてました。
階段を上りきり、左手に進むと、拝観入り口があります。


<方丈前庭>
a0135367_16362160.jpg
左奥に見えるのは、大きな観音様。

a0135367_1636367.jpg
正面は勅使門。

a0135367_16365378.jpg
画面右側には、まだつぼみの枝垂れ桜がありました。


<観月台>
方丈の隣にある書院の前から、お庭にある偃月池の上を渡り廊下のような橋がかかっていました。
a0135367_1632297.jpg
方丈前からの眺め。

a0135367_16324555.jpg
通路脇の木にはようやく花が。

a0135367_1633226.jpg
開山堂から書院側を見た観月台の通路。

観月台の通路、実は通れません。通行止めです。
なので、方丈からお庭をぐるっと、途中にある中門を通って歩いていくと、開山堂に辿り着きます。

<開山堂>
a0135367_1634665.jpg
木々に囲まれて分かりにくいですが、左側にある建物です。

<臥龍廊>
a0135367_16342269.jpg
開山堂から小高い丘(山?)の上へと続く通路。
通路の先には霊廟があります。

a0135367_16343883.jpg
臥龍廊の一番上から。
またしても通行禁止です。

a0135367_16345014.jpg
途中から。四角い石が敷き詰められた階段。

臥龍廊の上の霊廟には、秀吉とねねの像が置いてあり、ガイドさんの説明によると、霊廟の下2メートルのところには、ねねの棺が安置されているそうです。
棺といっても、昔なので瓶らしいのですが、その様子を想像して、なんだか意味不明にドキドキしていまいました。

a0135367_1635455.jpg
丘をぐるりと回った下り道。

a0135367_16352120.jpg
結構な巨木が、どーんとそびえていて存在感がありました。

春の高台寺では、枝垂桜が綺麗で有名らしいのですが、花が咲くにはちょっとまだ早く、天気もあまり良くありませんでした。
けれど、観月台とか臥龍廊をいろいろな角度から見て回るのが結構おもしろかったです。
出来れば、実際に歩いたり上ったりしてみたかったなあ。

高台寺
〒605-0825
京都府京都市東山区下河原町下河原通八坂鳥居前下る526
TEL/075-561-2382
HP/kodaiji.com
[PR]
by daily_mono | 2011-05-07 21:05 | おでかけだより:京都
line

デリmo_のん猫の日々の出来事記録。最近はラクガキが多いです。


by daily_mono
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30